猫のキッチン対策・シンクにフタ

愛猫レオンは性格も穏やかで基本はいい子なのですが、食べ物が絡むと悪い子に豹変します。

小さいうちに去勢しているし、家オンリーの生活なので、食べ物しか!!という気持ちも分かるのですが、それにしても…というくらいです。

自分がお腹が空いている時間は、冷蔵庫を開けただけで奥の部屋から飛んで来たりします。

上の写真のように台所に乗ってしまうのはもちろん、料理中も近くに寄ってきては隙をみて泥棒しようと企んだりします。

猫から食材を守り、猫をどかして、その都度手も洗わなければならいし、かなり面倒な作業です(-_-;

そんなの衛生的に無理!!!と悲鳴を上げる方もいらっしゃるでしょう。

そうなんですけど、間取りの構造から台所に猫が入れないようにというのは難しい状態です。

しつけでと言っても、猫の場合これもなかなか厳しいと思います。

対策としては、除菌スプレーを使用したり台拭きのまめな交換、出来るだけまとめて調理するなど、一応思いつく努力はしてます。

レオンには私がうちに居てほしくて、住んでもらっているのですから仕方が無いことだと思ってます。

また、猫のほうに食べてはいけないものを口にさせてしまう事も恐ろしいので、掃除は気を使ってます。

でも、地道に「乗ったら即降ろす」を繰り返していたら、一時期より調理中に寄ってこなくなりました。

泥棒も絶対に成功させないようにしていたら「どうせ食べられない」というのが、長年掛って分かってきたようです。

レオンは今5歳。多分ものすごく酷かったのは3歳くらいだと思います。

<スポンサーリンク>

お恥ずかしながら、我が家のシンクです。水垢だらけなのは許して下さい(><;)

この排水溝の蓋を開けてしまうので困りもの。

そこでこんなものを買いました♪

お風呂のフタの小さいタイプみたいなのです。

少し水を流したい時も、蛇腹でたためるので外さないで使えるのが便利です。

ずっと置きっぱなしではなくて、必要ない時は畳んで立てかけています。

基本いつも洗い物はすぐ片づけてシンク掃除なのですが、調理してすぐ食べるから後回しになる洗い物とか、旦那が夜中に使って洗ってないもの、今日は体調が悪くてすぐは無理という時など、とりあえずフタを閉めておけば荒らされないのが嬉しいです。

良い道具が見つかって良かったです(^^)